iPadと組み合わせる2-in-1デバイスの特許取得?macOSの動作も想定か

    iPad patent keyboard_2

    iPad patent keyboard_2
     
    Appleが現地時間2022年5月3日、米国特許商標庁(USPTO)において、iPad用のヒンジ付きキーボードの特許を取得しました。同特許内には、macOSが動作しているような画面が描かれています。

    iPad用の複数のヒンジ付きキーボードの形態

    Appleが今回取得した特許は、下記図表1Aのように、iPad(104)、キーボード(108)、ヒンジ(112)のついたベースプレートのようなもの(118)と、入力用ディスプレイ(106)で構成された製品に関するものです。
     
    iPad patent keyboard_4
     
    同様の特許が、2画面MacBookのものとして2022年2月に報告されていました。

    macOSに似たユーザーインターフェースが特許内に図示

    今回の特許名は「タブレット端末のための、複数の形態を持つヒンジ式キーボードアクセサリー」との題名で、対象はMacBookではなくタブレット(iPad)であることがわかります。
     
    本特許で注目すべき点としてPatently Appleは、下記図表4Aおよび2Aに描かれたウィンドウ配置などが、macOSのユーザーインターフェースと酷似していることをあげています。
     
    iPad patent keyboard_3
     
    iPad patent keyboard_1
     
    このことから、AppleはiPadとMacBookとを融合させた新たなフォームファクターに取り組んでいるのかもしれないと、同メディアは述べています。
     
    ただし、Appleは以前よりmacOSが動作する2-in-1デバイスには否定的であるため、この特許も研究開発のみで実用化される可能性は低そうです。
     
     
    Source:USPTO via Patently Apple
    Photo:Apfelwelt/YouTube
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次