Studio DisplayのWebカメラ問題、本質的には修正されない - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Studio DisplayのWebカメラ問題、本質的には修正されない
2022年5月2日 11時06分

読了まで 151

Studio DisplayのWebカメラ問題、本質的には修正されない

Studio display


 
ファームウェアのアップデートにより改善されたと見られるStudio DisplayのWebカメラ問題について、Bloombergのマーク・ガーマン記者が改めて「ハードウェアの問題なので、ソフトウェアアップデートで改善はされても、根本的に直ることはないと指摘しています。

ファームウェアアップデートで画質は若干改善

Studio Displayが搭載するWebカメラの画質が低い問題は、当初からユーザーの間で取り沙汰されてきました。
 
先日リリースされたStudio Display向けの新しいファームウェア15.5により、Webカメラの画質は若干改善されたようです。
 
しかしガーマン記者は、自身のニュースレター「Power On」において、「AppleがStudio Displayのカメラ問題を修正していないのは明らかだ」と述べています。

Appleは問題を修正するとは言っていない

同記者は以前にも、Studio Displayのカメラの画質が低いのはハードウェアの問題であり、Appleはソフトウェアアップデートによって「改善するとは言っているが、修正するとは言っていない」とTwitterに投稿していました。
 
Appleはソフトウェア更新によってWebカメラの画質がどの程度改善されるか様子見している状態で、ある程度よくなればユーザーがこの問題を忘れると踏んでいるのではないか、というのが同記者の見方です。
 
「そして3〜4年経ったら、Webカメラ問題のない、新しいモニターが発売されるだろう」ともガーマン記者は記しています。

 
 
Source:Power On
Photo:Apple
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる