Windows 11へのGoogle Playストア追加ツール、実はマルウェアだった

Windows 11の画像

Windows 11の画像
 
Windows 11の目玉機能であるAndroidアプリの実行機能ですが、アプリの配信がGoogle PlayストアからではなくAmazon Appstoreからのため、Androidスマートフォンに比べて利用可能なアプリの種類が限られています。
 
より多くのアプリを使いたい人を狙い、Windows 11にGoogle Playストアを追加すると称するツールにマルウェアが仕込まれていることがわかりました。

Google Playとともにマルウェアを追加するツール

このツールは「Windows Toolbox」と呼ばれ、GitHub上で公開されています。
 
Windows 11に対して、AndroidサブシステムへのGoogle Playのインストールや、WindowsとMicrosoft Officeのアクティベーションといったことをおこなう機能があるとされています。
 
しかしながら、そのコードは難読化されているものの、解析してみるとインストールしたデバイス上でコマンドを実行したりファイルをダウンロードしたりできるようになっていたそうです。
 
WindowsやOfficeのアクティベーションはもちろん、Google Playの追加はMicrosoftが公式に認めたものではなく、そもそもこのようなツールを使用すべきではありません。

約1,000本のAndroidアプリしか利用できないWindows 11

Androidアプリ実行機能はWindows 11の目玉機能とされていましたが、リリース時には実装されず、現在もアメリカのみでプレビュー版が公開されるにとどまっています
 
また、利用できるアプリ数も、数百万本以上のアプリ数を誇るGoogle Playストアに対し、Windows 11が利用するAmazon Appstoreはプレビュー版の時点で約1,000本しかありません。
 
このため非公式にGoogle PlayストアをWindows 11で利用可能にしたり、Androidアプリをサイドロードしたりする手段がユーザーによって公開されています。
 
しかしながら、今回のようにマルウェアが仕込まれていることもあるため、安易に手を出すべきではないでしょう。

 
 
Source: Bleeping Computer
(ハウザー)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

本職はSoCの設計者。このためPCやスマホのHW/SW両方に造詣が深く、その知見に基づいた記事を執筆している。スマホ歴はiPhone4→(Android)→iPhone XR→13 Pro。

特集

[PR]オフィシャルサイト

目次