トップページ > 最新情報 > Windows 11がAndroidアプリに対応、ただし条件多し
2021年10月21日 12時20分

読了まで 155

Windows 11がAndroidアプリに対応、ただし条件多し

Windows 11 Android


 
Windows 11Androidアプリに対応することが発表されました。しかし条件が非常に多く、一般ユーザーが実際にWindows 11でAndroidアプリを使えるようになるのは、しばらく先になりそうです。

試せるのはベータチャネルのみ

Microsoftは現地時間10月20日付けの公式ブログにおいて、Windows 11Androidアプリが初めてサポートされたと発表しました。
 
しかし試せるのはベータチャネルのみ、しかも米国のWindowsインサイダー・プログラム参加者限定となっています。

条件が多すぎる?

米メディアNotebookcheckがMicrosoftのサポート文書を確認したところ、このほかにもWindows 11をインストールしたPCの地域を米国に設定、PCのBIOSまたはUEFIの仮想化を有効にする必要があり、かつ使えるAndroidアプリは米国のAmazon Appstoreからダウンロードしたものに限られます(米Amazonのアカウントが必要)。
 
そもそもWindows 11の最小システム要件は厳しいことで知られています。

試せるのは50アプリのみ

現時点でMicrosoftは、ベータチャネルにおけるAndroidアプリ対応の世界展開がいつになるのかを明らかにしていません。またAmazon AppstoreがすべてのWindows 11ユーザーに公開される時期も不明です。
 
Microsoftによれば、現時点でWindows 11上で試せるアプリは、Kindleアプリを含む50アプリのみとなっています。
 
Amazon Appstore

 
 
Source:Windows Insider Blog, Windows Blog via Notebookcheck
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる