iPhone13用レンズサプライヤーの3月売上高が減少〜4月は更に減少する予測 - iPhone Mania
トップページ > iPhone SE(第3世代) > iPhone13用レンズサプライヤーの3月売上高が減少〜4月は更に減少する予測
2022年4月7日 00時00分

読了まで 22

iPhone13用レンズサプライヤーの3月売上高が減少〜4月は更に減少する予測

iPhone14 Pro AH 0406


 
IT之家が、iPhone13シリーズ用レンズサプライヤーである台湾LARGAN Precision(大立光)の2022年3月の売上高が、前年同月比で6.34%減少したと報じました。

レンズ供給先各社の販売低迷が影響

LARGAN Precisionの2022年3月の売上高は37億5,600万ニュー台湾ドル(約162億円)で、2021年3月比で6.34%減少しました。
 
同社の2022年第1四半期(1月〜3月)の売上高は101億3,300万ニュー台湾ドル(約436億円)で、2021年第4四半期(10月〜12月)比で22.37%の減少と、過去3四半期で最も低い水準になりました。
 
台湾メディアは、LARGAN Precisionの売上高は引き続き減少し、4月は3月よりも低くなる可能性があると述べています。

iPhone SE(第3世代)用レンズを供給、14シリーズにも供給と噂

IT之家によれば、LARGAN Precisionの3月のレンズ出荷割合は、1,000万画素クラス向けが40%〜50%、2,000万画素クラス向けが10%〜20%、800万画素クラス向けが10%以下で、その他が30%〜40%でした。
 
同社の業績低迷には、昨今の世界情勢に加え、iPhone SE(第3世代)出荷数削減の影響が考えられます。
 
LARGAN Precisionは、iPhone14シリーズ向けに8Pレンズ(プラスチックレンズ8枚構成)を供給するとみられています。
 
 
Source:IT之家
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729)
 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる