iOS15.4.1でiPhoneのバッテリー持ちが改善?実験結果が残念なことに - iPhone Mania
トップページ > iOS > iOS15.4.1でiPhoneのバッテリー持ちが改善?実験結果が残念なことに
2022年4月4日 00時53分

読了まで 251

iOS15.4.1でiPhoneのバッテリー持ちが改善?実験結果が残念なことに

iOS15.4.1 バッテリーテスト


 
Appleがバッテリー持ちの改善をうたって公開したiOS15.4.1について、9モデルのiPhoneを使って実際のバッテリー持続時間をテストした動画が公開されました。

バッテリー消費の改善をうたうiOS15.4.1

iOS15.4.1についてAppleは、バッテリーが早く消耗する問題を解決したとリリースノートに記しています。iOS15.4の公開後、一部のユーザーからバッテリーの消耗が激しくなったとの指摘が相次いでいました。
 
これまで、iOS各バージョンのバッテリー持続時間テスト動作速度テストの動画を公開しているYouTubeチャンネルiAppleBytesが、iOS15.4.1をインストールした9モデルのiPhoneを使ったバッテリーテストの動画を公開しています。
 
テストに使ったiPhoneと、新品時と比較したバッテリー容量は以下のとおりです。
 

  • iPhone SE(第1世代):97%
  • iPhone6s:100%
  • iPhone7:100%
  • iPhone8:98%
  • iPhone XR:92%
  • iPhone11:100%
  • iPhone12:100%
  • iPhone13:100%
  • iPhone SE(第2世代):86%

 
iOS15.4.1 バッテリーテスト
 
テストは、画面の明るさを25%に統一、明るさの自動調節をオフにして、ベンチマークテストアプリ「Geekbench 4」で高い負荷をかけてバッテリー残量が0になるまでの時間と、スコアを比較する方法で行います。
 
iOS15.4.1 バッテリーテスト
 

結果とiOS15.4との比較はこちら

各モデルのバッテリー持続時間とバッテリースコアは以下のとおりです。( )内に、iOS15.4との比較を記しています。
 
 

モデル 持続時間 スコア
iPhone SE(第1世代) 2時間 48分(-4分) 1,680(-40)
iPhone6s 3時間 17分(+4分) 1,970(+40)
iPhone7 3時間 42分(+9分) 2,211(+88)
iPhone8 3時間 27分(+9分) 2,068(+90)
iPhone XR 4時間 55分(-16分) 2,933(-160)
iPhone11 5時間 16分(-8分) 3,150(-185)
iPhone12 6時間 30分(+18分) 3,893(+177)
iPhone13 8時間 00分(-26分) 4,790(-280)
iPhone SE(第2世代) 3時間 48分(変化なし) 2,185(-88)

 

9モデル中、改善は4モデルのみ

テストした9モデルのうち、バッテリースコアの改善が見られたのはiPhone6s、iPhone7、iPhone8、iPhone12の4モデルのみでした。
 
一方で、iPhone11のバッテリースコアはマイナス185、最新モデルiPhone13はマイナス280と、ともに大きく落ち込んでいます。
 
Appleがリリースノートでバッテリーの消費を抑えたと明言したiOS15.4.1についてiAppleBytesは「当然、大いに期待していた」そうですが、改善が見られたのはテストした9モデル中4モデルという結果について、「Appleはプラシーボ効果(効果があると思い込む心理作用)を期待しているのではないか」とコメントしています。
 
iAppleBytesによる動画はこちらでご覧ください。
 

 
 
Source:iAppleBytes/YouTube
(hato)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる