M2搭載の次期iPad Pro、2022年9月から11月に発売〜ガーマン氏予測

    Apple iPad Pro

    Apple iPad Pro
     
    次期iPad Proは、M2チップを搭載、MagSafe充電に対応して2022年9月〜11月の間に発売される、とBloombergのマーク・ガーマン記者が予測しています。

    iPad Proの発売サイクルをもとに予測

    次期iPad Proの発売時期についてマーク・ガーマン氏は自身のニュースレターPower Onで、これまでのiPad Proの発売時期を踏まえると、次期モデルは2022年9月〜11月の間に発売されると予測しています。
     
    なお、iPad Proのこれまでの発売時期は、2016年3月、2017年6月、2018年10月、2020年3月、そして現行モデルの2021年4月で、13カ月〜16カ月のサイクルで発売されています。
     
    次期モデルが2022年9月〜11月に発売されれば、現行モデルの販売期間は17カ月〜19カ月と、過去最長となります。

    M2搭載、MagSafeにも対応か

    2022年秋のiPad Proについてガーマン氏は、次世代AppleシリコンM2」プロセッサを搭載し、MagSafeによるワイヤレス充電に対応するだろう、とも述べています。
     
    ガーマン氏は1月に、2022年の秋は過去最大レベルのApple新製品ラッシュになる、と伝えています。
     
    なお、次期iPad Proについては、11インチモデルもミニLEDバックライトディスプレイを搭載し、Apple Pencil(第3世代)に対応し、iPad ProからiPhoneやAirPodsをワイヤレス充電できるようになる、と噂されています。
     
     
    Source:Power On/Bloomberg via MacRumors
    Photo:Apple
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次