ティム・クックCEO、第94回アカデミー賞授賞式に出席へ - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > ティム・クックCEO、第94回アカデミー賞授賞式に出席へ
2022年3月27日 03時08分

読了まで 159

ティム・クックCEO、第94回アカデミー賞授賞式に出席へ

WWDC 2020 ティム・クックCEO


 
Apple TV+作品が複数ノミネートされている関係から、Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)が、第94回アカデミー賞授賞式に出席する予定であることが分かりました。

アカデミー賞授賞式への出席は初

映画業界事情に詳しいニュースサイトThe Hollywood Reporterの元編集者によると、2月27日(現地時間)に開催される映画界最高の式典、第94回アカデミー賞授賞式にティム・クックCEOが出席するそうです。
 
クック氏がアカデミー賞授賞式に出席するのは今回が初となりますが、Apple TV+作品が計6部門でノミネートされていることを思えば、居ても立っても居られないはずでしょう。
 

  • 作品賞 – 「CODA」
  • 主演男優賞 – デンゼル・ワシントン「マクベス」
  • 助演男優賞 – トロイ・コッツァー「CODA」
  • 脚色賞 – シアン・ヘダー「CODA」
  • 撮影賞 – ブリュノ・デルボネル「マクベス」
  • 美術賞 – ステファン・デシャント「マクベス」

 
とりわけ「CODA(邦題:コーダ あいのうた)」は、Appleが買い付けるきっかけとなったサンダンス映画祭で史上最多の4冠を獲得した作品で、アカデミー賞でも本命視されています。すでに前哨戦と目される、全米俳優組合(SAG)賞や英アカデミー(BAFTA)賞を獲得しています。
 
ちなみに最大のライバルとなるのは、Netflixの映画「パワー・オブ・ザ・ドッグ」だと考えられています。事実、Netflixはこの映画でゴールデングローブ賞にて「CODA」を下し、作品賞を始めとする主要タイトルを獲得しています。Apple TV+はリリース当初から“量より質”をモットーにして、動画ストリーミングサービスで先行するNetflixを追いかけてきただけに、ここらで彼らの鼻を明かしたいところでしょう。
 
 
Source:PUCK via MacRumors,Apple
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる