2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Appleのサプライヤー、Apple Car受注に向けて対応中か

    Apple-interest-is-in-the-in-car-experience

    Apple-interest-is-in-the-in-car-experience
     
    海外テック系メディアDigiTimesは3月3日、Appleの主要サプライヤーのFoxconnとLuxshare Precisionが、Apple Car生産の受注に向けて対応している可能性があると報じました。

    Appleのサプライヤーが自動車業界に参画

    Apple最大のサプライヤーであるFoxconnは2021年3月、世界最大規模の電気自動車工場を2023年までに建設する予定だと表明しています。
     
    また、AirPodsの組み立てや一部のiPhone生産をAppleから受注している中国企業のLuxshare Precisionは2022年2月、中国の電気自動車(EV)メーカー奇瑞(Chery)グループと合併企業を設立すると発表しました。
     
    Appleは電気自動車のApple Carの研究開発を進めており、2025年の発売を目指していると一部で報じられています。
     
    なお、Hyundaiや日産等の自動車メーカーもApple Carの生産提携先として一時噂されていました。
     
    DigiTimesは、アナリストの見解としてFoxconn等よりも自動車メーカーの方が受注先候補としては有力だと伝えました。
     
    一方で、Foxconn等が自動車業界での経験を積み重ねていくことで、今後Apple Carのサプライチェーンに参加することは可能だとも言われています。
     
     
    Source:DigiTimes
    Photo:9to5Mac
    (seng)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次