Apple Car用プロセッサ開発に韓国サプライヤーが関与〜プロセッサの構成は?

Apple Car AH

Apple Car AH
 
韓国メディアThe Elecが、Apple Carに搭載される自動運転システム用プロセッサ製造における後工程に、韓国サプライヤーが関与すると報じました。

OSATを韓国サプライヤーが担当

Apple Carに搭載される自動運転システム用プロセッサ製造における、パッケージングとテスト(OSAT:Outsourced Semiconductor Assembly and Test)は韓国のサプライヤーが行うと、関係者がThe Elecに伝えました。
 
同プロセッサの開発は、A15 BionicやM1チップの開発部門で行われており、今回のOSAT委託もそれらと同じ過程をたどっているとThe Elecは述べています。
 
OSAT委託先の選定は、Appleの米国本社ではなく、韓国Appleにより行われたようです。

専用プロセッサの構成は?

Apple Carに搭載される自動運転システム用プロセッサには、CPU、GPU、メモリ、NPU(Neural Processing Unit)や画像処理プロセッサ(ISP:Image Signal Processor)も統合されるようです。
 
Apple Carは2025年に発売されると噂されていますが、開発担当者の退職が相次いでいます。
 
 
Source:The Elec via Notebookcheck
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

特集

[PR]オフィシャルサイト

目次