NVIDIA、Armの買収断念後も事業計画に変更なし〜ジェンスン・ファンCEOが明言 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > NVIDIA、Armの買収断念後も事業計画に変更なし〜ジェンスン・ファンCEOが明言
2022年2月22日 18時11分

読了まで 146

NVIDIA、Armの買収断念後も事業計画に変更なし〜ジェンスン・ファンCEOが明言

NVIDIA ARM Grace


 
NVIDIAの最高経営責任者(CEO)であるジェンスン・ファン氏が、Armの買収断念後も同社の事業計画に変更はないと明言しました。

ARMを完全に統合する予定は無かった

VentureBeatとのインタビューでファン氏が、NVIDIAはArmと20年間にわたるライセンス契約を今後も継続、CPU、GPU、データ処理ユニット(DPU)などに活用するとし、買収断念後も同社のロードマップに変更はないと回答しました。
 
ファン氏はその理由について、Armを買収した場合も同社をNVIDIAに統合する予定はなかったとし、現状、製品開発計画における両社の関係性に悪影響は及んでいないと説明しています。
 
ファン氏は、NVIDIAによるArm買収が競合他社に悪影響を与えることはなかったということを、統合する予定はなかったとのコメントに込めたのかもしれません。

必要に応じ、RISC-Vも採用

NVIDIAの製品開発において、x86、Arm、RISC-Vから状況に応じて最適なものを選択するとファン氏は述べています。
 
VentureBeatのRISC-V採用の可能性に関する質問に対してファン氏は、GPUの一部領域にRISC-Vのプログラマブルエンジンを使っているとし、同アーキテクチャに限らず、必要に応じてARMやx86も用いると回答しています。
 
 
Source:VentureBeat via Wccftech
Photo:NVIDIA/YouTube
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる