Appleは今こそAirPort(AirMac)を復活させるべき - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Appleは今こそAirPort(AirMac)を復活させるべき
2022年2月16日 21時16分

読了まで 22

Appleは今こそAirPort(AirMac)を復活させるべき

airport_roundup


 
覚えている方も多いとは思いますが、Appleは以前、AirPort(日本ではAirMac)というシリーズで無線LANルーターを販売していました。米メディアMacworldは「Appleは今こそAirPortを復活させるべき」と提案しています。

2018年に販売終了したAirPortシリーズ

Appleは1999年、同社初のWi-Fi接続機能を持つノートPC「iBook」とともに、無線LAN製品AirPortAirMac)シリーズを発売しました。
 
しかし2016年に開発を終了2018年には販売を終了しています。

AirPort Time Capsuleが最後の製品だった

Macworldのダン・モレン氏は「AirPortシリーズが素晴らしかったのは、ややこしいテクノロジーを簡単に使えるようにしてくれたから」とし、Wi-Fiの黎明期にネットワーキング知識がほとんどなくても、簡単に設定できたAirPortを高く評価しています。
 
同氏は、AirPortシリーズは他社製品と比べて高額だったものの、その信頼性の高さと使いやすさ、設定の簡単さには、十分お金を払う価値があったと続けます。
 
しかし競合他社が次々に新しいルーターを発売、またWi-Fi製品をメインに開発、販売する企業も登場してきます。AirPortシリーズ最後の製品は、2013年発売の「AirPort Time Capsule」でした。

Appleが再度ルーター市場に参入する意義は大きい

モレン氏は「ワイヤレス技術はAppleのエコシステムにおいてますます重要な位置付けとなっている」とし、あらゆるApple製品がWi-Fiに接続している現状を考えれば、Appleが再度ルーター市場に参入する意義は大きいと主張します。
 
また同氏は、Appleがセキュリティやプライバシーを重視するならばWi-Fiルーターも自社で提供すべきと提案、またデザインでもAppleに期待したいと述べています。

 
 
Source:Macworld
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる