トップページ > 最新情報 > 開発終了は残念すぎ〜消費者満足度首位のApple AirPort
2016年12月1日 15時04分

読了まで 21

開発終了は残念すぎ〜消費者満足度首位のApple AirPort

AirPort Extreme


 
Appleが開発を中止すると噂されるAirPort(日本ではAirMac)シリーズですが、調査会社J.D. Powerによるワイヤレスルーターについての消費者満足度調査で、このAppleのルーターがもっとも高い評価を得たことがわかりました。

Apple、最高スコアを獲得

Appleが、Wi-Fi製品であるAirPort Express、AirPort Extreme、AirPort Time Capsule(日本ではいずれもAirMac〜)3製品の開発を終了するという情報が伝えられていますが、AppleのWi-Fiルーターの満足度は非常に高いことが明らかになりました。
 
現地時間11月30日に公開された「J.D. Power 2016 Wireless Router Satisfaction Report」によると、満点が1,000ポイントの満足度において、Appleは2位のAsusを16ポイントも引き離し、876ポイントの最高点を獲得しています。
 
対象となったのは、Apple、Asus、D-Link、TP-Link、Netgear、Belkin、Linksysの計7メーカーのワイヤレスルーターです。

平均スコアを約30ポイント上回る

評価項目は重要な順に、Wi-Fiのカバー範囲、信頼性、アップロード/ダウンロード速度、接続のリセットが簡単かどうか、セキュリティ機能、価格、使いやすさ、多機能さ、ユーザーインターフェースの使いやすさ、カスタマーサービスの10項目です。平均スコアは847ポイントでした。
 
調査は、調査を実施した2016年10月から過去12ヵ月以内にワイヤレスルーターを購入、調査時点でも所有していた消費者3,307人を対象に実施されています。
 
AirPort製品の開発中止が事実だとすれば、消費者の満足度が高いだけに、ショックを受けるユーザーも多そうです。
 
2016_wireless_router_chart

 
 
Source:J.D. Power via Cult of Mac
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる