iPhone SE(第3世代)のサプライヤー、量産開始により売上高が大幅増 - iPhone Mania
トップページ > iPhone SE(第3世代) > iPhone SE(第3世代)のサプライヤー、量産開始により売上高が大幅増
2022年2月16日 15時20分

読了まで 138

iPhone SE(第3世代)のサプライヤー、量産開始により売上高が大幅増

iPhone SE 3 AH 0116


 
台湾メディア経済日報が、iPhone SE(第3世代)の量産が始まったことにより、同製品の組み立てを担当するPegatronの売上高が大幅に増加したと報じました。

Pegatronの2022年1月売上高が大幅増

Pegatronの2022年1月の売上高はiPhone SE(第3世代)の量産が始まったことにより、2021年1月比で49.41%増加し、1月の売上高として過去最高となる1,231億3,800万 台湾ドル(約5,114億6,500万円)を記録しました。
 
iPhone SE(第3世代)は2021年12月に試作、2022年1月から量産が行われている模様です。

台湾のサプライヤーが活況

同製品の組み立てはPegatronとFoxconnが担当しており、台湾の複数のサプライヤーが関連部品を供給しています。
 
iPhone SE(第3世代)はiPhone SE(第2世代)よりも販売価格が安くなるとの噂があり、同価格帯のAndroidスマートフォンユーザーからの乗り換え需要が期待されています。
 
 
Source:経済日報 via EMS ONE
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる