iOS15.4ベータ2、Siriが音声を勝手にAppleに送信するバグを修正 - iPhone Mania
トップページ > iOS > iOS15.4ベータ2、Siriが音声を勝手にAppleに送信するバグを修正
2022年2月10日 19時03分

読了まで 154

iOS15.4ベータ2、Siriが音声を勝手にAppleに送信するバグを修正

Apple Siri


 
iOS15.4ベータ2では、ユーザーが同意していなくても、Siriが聞き取った音声をAppleに送信してしまう不具合が修正されていることが分かりました。Appleは、不具合に対応するためiOS15.2でこの機能を無効にしていました。

iOS15でユーザーの同意に関係なく送信、iOS15.2では無効化

Appleは、2019年にSiriから収集した音声データの解析を外部の委託先と共有していたことが問題となりました。Appleはその後、Siriの音声コマンドなど音声データの収集をユーザーが同意した場合のみ実施するようにしています
 
しかし、iOS15の初期バージョンではこの設定に不具合があり、ユーザーがAppleによる音声の収集に同意していない場合でも、音声がAppleに送信されていたことが分かりました。
 
Appleはユーザーの同意を得ずに送信されたデータを破棄しており、iOS15.2では音声の収集を無効化していた、とZDNetに説明しています。

iOS15.4ベータ2インストール時に同意の確認

現地時間2月8日に公開されたiOS15.4ベータ2では、音声収集に関する不具合が解消されています。そのため、iOS15.4のベータ2やパブリックベータ2をインストールすると、Appleによる音声収集を許可するかを選択する画面が表示されます。
 
Appleは、SIri、音声入力、翻訳に対する操作の音声をAppleが保存する目的について、Siriと音声入力の改善に活用するため、と説明しています。
 
Appleによる音声収集の許可設定は、「設定」>「プライバシー」>「解析及び改善」から変更できます。
 
iPhone Siri 音声入力の改善
 
 
Source:ZDNet
Photo:Apple
(hato)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる