トップページ > 最新情報 > Siriの音声聴取、デフォルト設定をOFFにして再開へ
2019年8月29日 15時27分

読了まで 213

Siriの音声聴取、デフォルト設定をOFFにして再開へ

WWDC19 Siri
 
Siriに話しかけられた音声をごく一部ですが音声データとして取得し、Appleが外部業者に音声解析をさせていると海外メディアが報じたことで問題になっていました。Appleはこの報道を受けて音声データの分析を中止したと発表していましたが、本日プレスリリースで今後の詳しい方針を明らかにしました。

ユーザーの同意

AppleSiriに話しかけられた会話の0.2%ほどをユーザーの同意なしに音声データ分析の対象にしてきました。音声データは外部業者の従業員が聞き取り、テキストデータに変換してから分析にかけられていました。もちろん音声データとApple IDや個人情報とは紐付けられていなかったのですが、一部の音声は間違えてSiriを起動した後に録音された個人的なデータを含んでいたとされます。
 
siri 求人 apple
 
Appleはこの事実が報じられてすぐに音声データの聴取を中止したのですが、本日発表された声明でも報道後にデータの収集方法が「私たちの理想とするやり方ではなかったことに気がつきました」と改めて説明しています。今後はユーザーが予め同意の設定をしている場合のみ、音声データを収集し、Appleの従業員がテキストデータに変換するとしています。ただコンピュータが自動で変換するものについては事前の同意を必要としないとしています。

プライバシーとのバランス

Appleはプライバシー保護とギリギリのバランスをとりつつ、Siriが「ユーザーの問いかけを正確に理解しているか」や「的確な回答ができているか」などを常にチェックしています。Siriは他の音声アシスタントに比べてできることが少ないとされているのですが、これはプライバシーに配慮してユーザーデータの利用を抑えているためでもあり、また今回問題になったような分析にも制限があったためとされます。
 
Siri iOS12
 
Appleはこのこともありスマートスピーカー市場で出遅れており、Siriの性能向上はAppleにとって必須となっています。もしかしたらAppleがこの状況に対する焦りを感じており、これが今回の勇足の原因になったのかもしれません。
 
しかしAppleは「私たちの理想とするやり方ではなかった」として一歩引きました。この判断は目の前にある音声アシスタントの性能競争では不利になるかもしれませんが、長い目で見ればAppleにとって不利をもたらすものにはならないのではないでしょうか。
 
 
Source:Apple
(KAZ)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる