Apple TV+の「テッド・ラッソ」「ファウンデーション」等がADG賞にノミネート - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Apple TV+の「テッド・ラッソ」「ファウンデーション」等がADG賞にノミネート
2022年1月25日 12時55分

読了まで 154

Apple TV+の「テッド・ラッソ」「ファウンデーション」等がADG賞にノミネート

Apple TV+


 
優れたプロダクションデザインに贈られる第26回全米美術監督組合(ADG)賞のノミネーションが発表され、Apple TV+の「テッド・ラッソ」や「ザ・モーニングショー」を含むドラマや映画、及びAppleのCM動画がノミネートされたことが明らかとなりました。

Apple、8つのノミネートを獲得

AppleはApple TV+で5つ、CM動画で3つと全体で8つのノミネートを獲得しています。
 
ADG賞にノミネートされた作品及びプロダクションデザイナーは、以下の通りです。
 

  • 時代映画部門:マクベス(ステファン・デシャント氏)
  • 時代劇/ファンタジー1時間シリーズ、シングル・カメラ部門:ファウンデーション「皇帝の平和」(ローリー・シャイン氏)
  • 現代劇1時間シリーズ、シングル・カメラ部門:ザ・モーニングショー「私の最も嫌いな年」「インフルエンザのようなもの」「知られたくない部分」(ネルソン・コーツ氏)
  • 30分シリーズ、カメラ部門:シュミガドーン!(ボー・ウェルチ氏)、テッド・ラッソ「クリスマスキャロル」「マンチェスター」「試合後のビアード」(ポール・クリップス氏)
  • CM部門:AppleIntroducing iPhone 13 Pro」(ディラン・カーン氏)、「“Saving Simon” Shot on iPhone 13 Pro」(チェルシー・オリバー氏)、Apple Music/ビリー・アイリッシュ「Happier Than Ever」(フランソワ・オードウイ氏)

 
ADG賞受賞式は現地時間3月5日(土)、ロサンゼルスのダウンタウンにあるインターコンチネンタルホテルで対面形式で行われる予定です。
 
 
Source:ADG,Deadline via Appleinsider,iMore
(m7000)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる