Appleのサプライヤー、血糖値、血中酸素飽和度などを測定可能なSWIRチップ開発 - iPhone Mania
トップページ > AirPods > Appleのサプライヤー、血糖値、血中酸素飽和度などを測定可能なSWIRチップ開発
2022年1月24日 21時50分

読了まで 139

Appleのサプライヤー、血糖値、血中酸素飽和度などを測定可能なSWIRチップ開発

Apple Watch AD 0715


 
12.9インチiPad Pro(第5世代)に搭載されたミニLEDバックライト用LEDチップを供給する台湾Epistarが、血糖値や血中酸素飽和度(SpO2)測定に用いることができる短波長赤外線(SWIR)LEDチップを開発しました。

血糖値、血中酸素飽和度測定用途に対応

Epistarが開発したSWIR-LEDチップの波長は、1,000ナノメートルです。
 
DigiTimesによれば、このSWIR-LEDチップを用いることで、血糖値血中酸素飽和度(SpO2)、血中脂質、心拍数測定が可能になります。
 
Epistarが開発したSWIR-LEDチップは顧客による認証作業が完了しており、スマートウォッチや完全ワイヤレスイヤホンのベンダーが同チップを搭載したデバイスの開発を検討していると、DigiTimesは伝えています。

Apple WatchやAirPodsに搭載される可能性も?

AppleはApple Watchへの血糖値測定機能搭載を目指しているとみられている他、AirPodsにヘルスケア関連センサーを搭載し、心拍数や深部体温を測定する特許を取得済みです。
 
 
Source:DigiTimes
Photo:Appledsign/Facebook
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる