トップページ > iOS > iOS15のバージョン別シェアは63%、前年同時期のiOS14より低下
2022年1月14日 08時24分

読了まで 24

iOS15のバージョン別シェアは63%、前年同時期のiOS14より低下

iOS15 イメージ画像


 
Appleは現地時間1月13日、iOSとiPadOSのバージョン別シェアを公開しました。iOS15のiPhone全モデルにおけるシェアは63%と、最新バージョンのシェアが昨年のiOS14と比較して低くなっています。

iOS15のシェア、最近4年間のモデルで72%

Appleは現地時間1月11日時点でのiOSとiPadOSのバージョン別シェアを開発者向けWebサイトで公開しました。このデータは、App Storeにアクセスした端末から収集した情報をもとに集計されています。
 
最近4年間に発売されたiPhoneでは、iOS15が72%、iOS14が26%、それ以前のバージョンが2%です。
 
すべてのiPhoneでのシェアは、iOS15が63%、iOS14が30%、それ以前が7%となっています。
 
iOS バージョン別シェア Apple
 

iPadOS15、最近4年間のモデルでは57%

iPadOSでは、最近4年間のモデルでiPadOS15が57%、iPadOS14が39%、それ以前のバージョンが4%でした。
 
全モデルでは、iPadOS15が49%、iPadOS14が37%、それ以前が14%となっています。
 
iPadOS バージョン別シェア Apple
 

昨年のiOS14より10ポイント低い、iOS15の普及率

Appleが約1年前の2020年12月に公開したデータでは、当時の最新バージョンiOS14が、4年以内発売のモデルで81%、全モデルで72%でした。
 
iOS15の普及率は、公開が昨年より1カ月ほど遅いにもかかわらず、10ポイントほど低い結果となっています。
 
これは、Appleが重要なセキュリティアップデートをインストールしながらiOS14を使い続ける選択肢を提供しているためと考えられます。
 
しかしAppleはこの方針を変更し、iOS15.2の公開以降はiOS14を使い続ける選択肢を廃止していることから、今後はiOS15、iPadOS15のシェアが高くなると考えられます。
 
 
Source:Apple via 9to5Mac
(hato)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる