トップページ > 最新情報 > Qualcomm、MicrosoftとAR向けチップ開発で提携
2022年1月5日 09時52分

読了まで 20

Qualcomm、MicrosoftとAR向けチップ開発で提携

QualcommとMicrosoftのAR向けチップ開発での提携


 
QualcommはCES 2022の基調講演において、Microsoft拡張現実(AR)向けチップ開発で提携したことを発表しました。
 
Appleを含む先端企業各社が注力するこの分野に、電力効率の高いチップを供給するとしています。

Microsoftのエコシステム向けにチップを開発中と発表

Qualcommの最高経営責任者(CEO)であるクリスチアーノ・アモン氏は、CES 2022の基調講演でMicrosoft向けにチップを開発していることを明らかにしました。
 

私たちは、Microsoftのエコシステム向けに、電力効率が高く、非常に軽量な次世代ARグラス用のカスタム版Snapdragonチップを開発していることを発表します。

 
また、Qualcommが最近発表したQualcomm Snapdragon Spaces XR開発プラットフォームを、Microsoftの複合現実(MR)向けプラットフォームであるMicrosoft Meshに統合することも発表しました。
 
QualcommのSnapdragon 850はMicrosoftのMRスマートグラスであるHoloLens 2に搭載されており、すでに両社は協力関係にあります。
 
また、QualcommはARやVRに特化したチップであるSnapdragon XR2を最近発表するなど、この分野に力を注いでいます。

スマホの次はMRヘッドセットやスマートグラス?

MRスマートグラスについては、Appleも2022年に発売するという情報があります。
 
また、社名をFacebookから変更したMetaも新型製品をリリースするといわれています。
 
スマートフォンがすでにコモディティ化しつつあるなか、2022年がMRヘッドセットやスマートグラスの普及元年となるのか、各社の動向に注目が必要です。

 
 
Source: Qualcomm via The Verge
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる