トップページ > 最新情報 > Appleメガネ、ハンドジェスチャー対応UIと物体検知を搭載〜クオ氏
2021年12月9日 18時49分

読了まで 149

Appleメガネ、ハンドジェスチャー対応UIと物体検知を搭載〜クオ氏

Apple Glass AD


 
アナリストのミンチー・クオ氏がAppleメガネについて、ハンドジェスチャーに対応するユーザーインターフェース(UI)を搭載すると予想していることが明らかになりました。

Appleメガネは、指と手の動きで操作

MacRumorsが入手したクオ氏の情報メモには、Appleメガネハンドジェスチャー対応UIが採用されること、また物体検知機能を実現するため、複数の高感度3Dセンシングモジュールが搭載されることが記されているようです。
 
MacRumorsは拡張現実(AR)/仮想現実(VR)対応デバイスに関し、ユーザー自身だけではなく他者の手の動きや、物体との位置関係を光センサーで読み取ることで、直感的な動作を可能にするUIが提供できると述べています。
 
クオ氏はAppleメガネについて、ハンドジェスチャーでは手を握ったりするような指の動きと、手首をひねるなどの動きの両方を検知することで、ユーザーが手に握った(仮想の)風船が、手を開くと飛んでいくというような没入感のある体験を実現できると説明しています。
 
こうした機能を実現するため、Appleメガネには4つの3Dセンサーが搭載され、それ以外にも虹彩認識、音声コントロール、肌検出、表情検出、空間検出機能が実装されるようです。

Appleメガネの発売は数年先の見通し

Appleメガネの開発は遅れているようで、登場時期は2024年2025年になるとみられています
 
 
Source:MacRumors, Patently Apple
Photo:Appledsign/Facebook
(FT720)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる