トップページ > 最新情報 > 自腹で多くの修理費用を支払ったユーザーはAppleCare+に後からでも加入可能に?
2021年12月9日 05時50分

読了まで 145

自腹で多くの修理費用を支払ったユーザーはAppleCare+に後からでも加入可能に?

applecare


 
AppleCareプランへの加入は、通常であればデバイスの購入から30日以内(日本の場合)に行わなければなりませんが、高額な修理費用を支払ったユーザー向けに、AppleCare+加入を後からでも許可する、新たなポリシーが導入されることが明らかになりました。

修理は正規サービスプロバイダにより行われる必要あり

米メディアMacRumorsが入手したAppleの内部資料によれば、デバイス購入当初AppleCare+ に加入しなかったユーザーでも、自腹で修理費用を支払った後ならば、デバイス購入1年以内に限り、AppleCare+への加入を認められるようになるとのことです。
 
なお、デバイス購入から30日以上が経過後のAppleCare+加入の際には、修理したデバイスの現物調査が必要となります。また修理は、AppleおよびApple正規サービスプロバイダにより行われなければなりません。
 
修理がApple正規サービスプロバイダにより行われたかどうかは、iOS15.2で新たに導入される「部品とサービスの履歴」機能で閲覧可能となります。

新ポリシーはすべての国や地域で適用

AppleCare+の新ポリシーは、AppleCare+が利用可能なすべての国や地域で適用される見通しです。
 
Appleはこのポリシーにより、さらに多くのサービス利益を上げるとみられています。
 
 
Source:MacRumors
Photo:Apple
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる