トップページ > iOS > iOS15.2で「部品とサービス履歴」機能が追加
2021年12月8日 19時14分

読了まで 151

iOS15.2で「部品とサービス履歴」機能が追加

iPhone parts and service history


 
最新iOSバージョンiOS15.2で、新たに「部品とサービス履歴」機能が追加されます。修理に使用されたApple純正部品を閲覧することができます。

モデルごとに異なる閲覧項目

iOS15.2以降では、「設定」→「一般」→「情報」で、iPhoneの部品とサービスの履歴を確認することができます。
 
iPhone SE(第2世代)を含むiPhone XR、XS、XS Max以降では、バッテリーの交換歴を確認できます。
 
iPhone11シリーズ、iPhone12シリーズ、iPhone13シリーズの場合、バッテリーやディスプレイの交換歴が確認できます。
 
iPhone12シリーズ、iPhone13シリーズでは、バッテリー、ディスプレイ、カメラのいずれかが交換されているかどうかを確認できます。
 
Apple純正の部品や工具を使ってサービスが行われた場合は、部品の横に「Apple純正部品」と表示されます。サービス実施後にiPhoneがインターネットに接続されている場合は、部品をタップするとサービス実施日などの詳細情報が表示されます。
 
iPhone parts and service history

非純正部品を使用するとどうなる?

部品の取り付けが完了していない場合や、部品の種類によっては、「不明な部品」と表示されます。
 
iPhone parts and service history
 
iOS15.2より前のiOSバージョンでは、交換部品が「不明な部品」として認識されているかどうかのみ確認できます。
 
なお、バッテリー、ディスプレイ、カメラが交換されていない場合は、部品とサービスの履歴は表示されません。
 
 
Source:Apple via MacRumors
(lexi)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる