トップページ > 最新情報 > Galaxy S22シリーズが超薄型放熱部品ベイパーチャンバーを復活搭載か
2021年11月30日 21時43分

読了まで 139

Galaxy S22シリーズが超薄型放熱部品ベイパーチャンバーを復活搭載か

Galaxy S22 ultra LGD


 
台湾メディアDigiTimesが、Samsungは2022年に発売する新型スマートフォンに、超薄型放熱部品ベイパーチャンバーを搭載すると報じました。

Galaxy S20シリーズに採用、S21シリーズに未搭載

SamsungはGalaxy S20シリーズおよびGalaxy Note 20の一部モデルにベイパーチャンバーを搭載していましたが、Galaxy S21シリーズには採用しませんでした。
 
過去にベイパーチャンバーを搭載していたSamsung製スマートフォンを考えると、2022年に発売する新型モデルというのはGalaxy S22シリーズの可能性が高そうです。

Snapdragon 8Gx Gen1の発熱対策か

Galaxy S22シリーズに搭載されるシステム・オン・チップのうちの1つ、Snapdragon 8Gx Gen1(以前はSnapdragon 898と噂されていた)は、消費電力や発熱の問題を持つ可能性が高いと噂されています。
 
その場合、高温に対応するためにも、より放熱性能の高いベイパーチャンバーを復活搭載する必要性が生じたのかもしれません。
 
 
Source:DigiTimes
Photo:LetsGoDigital
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる