Apple、ウォレットに免許証などのIDを登録する機能の追加を2022年まで延期

iOS15

iOS15
 
Appleはこのほど、iOS15およびwatchOS8の機能紹介ページを更新し、アメリカの一部の州で発行される運転免許証や身分証明書(ID)を、iPhoneおよびApple Watchに登録できる機能の導入を、2022年まで延期することを明らかにしました。

WWDC21で発表

Appleは2021年6月に開催した世界開発者会議(WWDC21)において、2021年中には、アメリカの一部の州で発行される運転免許証などのIDをウォレットアプリに登録できるようにすると発表しました。
 
そして9月には、最初にID登録が可能になる州として、アリゾナ、ジョージア、コネチカット、アイオワ、ケンタッキー、メリーランド、オクラホマ、ユタの名前を発表しています。
 
またAppleはその後、フロリダを含むさらに多くの州とも、話し合いを進めていることを明らかにしていました。

導入時期を2022年へと延期

しかしこのほど、AppleはアメリカのiOS15の機能紹介ページを更新し、ウォレットのID cardsの項目の下に「Coming early 2022(2022年初めに導入)」の一文を追加しました。導入が2022年のいつになるのか、具体的な時期は記されていません。

 
 
Source:MacRumors
Photo:Apple
(lunatic)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

特集

目次