2021年11月22日 19時48分

読了まで 155

年末商戦において、iPadとiPhoneが品不足になる懸念〜Nikkei Asia

iPhone13 iPad


 
年末商戦において、数が十分ではないため、納期が大幅に長くなるとの予測を、Nikkei Asiaが報じました。

フィリピンでは年内にiPadを入手できず

Nikkei Asiaによれば、iPhoneよりもiPadの品不足が懸念されており、フィリピンの消費者が StoreでiPad(第9世代)のストレージ容量256GBのモデルを注文したところ、お届け予定日が2022年1月14日と、8週間の待ち時間が発生したとのことです。
 
他のアジアの国々のApple Storeで注文した場合は年内に受け取ることが可能ですが、フィリピンのような品不足が波及することが懸念されます。

iPhoneの生産を優先している影響がiPadに

Nikkei Asiaは、iPhoneに比べてiPadの品不足が顕著になっている理由に関し、AppleがiPhoneの生産を優先しているためと説明しています。
 
同メディアは、AppleはiPhone13用の部品やチップを優先して生産しているため、iPadや旧型iPhoneの生産に影響が出ており、9月と10月のiPadの生産数が当初計画に比べて50%減少し、店頭在庫に影響を及ぼしていると指摘しています。
 
 
Source:Nikkei Asia via 経済日報
Photo:bandwagon
(FT729)
 
 

カテゴリ : iPad, iPhone13, 最新情報   タグ : , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる