トップページ > AirPods > AirPods人気が廃れ始めている可能性をWSJが指摘
2021年11月14日 20時40分

読了まで 243

AirPods人気が廃れ始めている可能性をWSJが指摘

airpods


 
AirPods(第3世代)が発売されたばかりで、Appleのワイヤレスイヤホンの人気はずっとうなぎのぼりのように思われがちですが、EarPodsなどの有線イヤホンの人気が再燃している、とThe Wall Street Journalが伝えています。

AirPodsはもはやクールではなくなった?

市場に出たばかりのAirPods(第3世代)には、“空間オーディオ”機能が搭載されており、肌検出センサーなど、新たな機能も追加されています。2020年9月〜2021年9月までの間にAirPodsは383億ドル(約4兆3,637億円)の売上を上げており、その勢いは今後もしばらくは続きそうです。
 
しかしながら、普及しすぎたAirPodsはもはやクールではなくなった、とWSJが報じています。ベラ・ハディッド、リリー=ローズ・デップ、ゾーイ・クラヴィッツなどのファッショナブルな若いセレブリティが、コード付きのヘッドホンを身につけて街を闊歩している姿が目撃されています。Instagramアカウント@wireditgirlsは、路上で見かけられた有線ヘッドホンを装着する女性の写真をまとめています。
 


 

値段も安く、ギラギラした感じがないのが美しい?

コード付きヘッドホン人気の再燃の背景には、BMWの白の内装に革を張り、自分の勤める金融会社を周囲に印象付けるために、全体的にウザイ外見をしている“finance-bro(金融野郎)”がAirPodsをマストアイテムとして身に着けていることへの抵抗感があるともいわれています。
 
型遅れの第2世代でもAirPodsは16,800円(税込)するのに対して、EarPods with Lightning Connector2,200円(税込)と、8分の1ほどの値段で買えてしまいます。

有線ヘッドホンは“話しかけないで”という意思表示になる

装着しながら日常のあらゆることができてしまうワイヤレスヘッドホンとは異なり、有線ヘッドホンは“自分は今取り込み中だから話しかけないで”と周囲にアピールすることができ、これも人気再燃の理由のひとつとなっている、とDigital Fairyの戦略・ブランド担当ディレクター、ナタリア・クリスティーナ氏は見ています。
 
「“邪魔をしないでください”という雰囲気を醸し出すことができます」と、クリスティーナ氏は述べています。「だから、無意識のうちに、機嫌が良くないから物理的なバリアを張るというグランジ美学につながっているんです」
 
この美学は、“2010年代のTumblr”バイブスと呼ばれ、1990年代のグランジをパステル調にして若々しくしたものがソーシャルメディアプラットフォーム上で拡散されているとのことです。
 
Rostrum Recordsのマーケティングコーディネーターであり、@wireditgirlsのInstagramアカウントを担当しているシェルビー・ハル氏は、「(前略)人々は音楽を単なる実用的な消費ではなく、全体的な美的体験として見ています」と表現しています。「ローファイ・テック(有線ヘッドホン)は、より美的な体験と見なされ、そのクールな要素に貢献しています」
 
 
Source:WSJ, Urban Dictionary
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる