2021年11月4日 20時55分

読了まで 152

AirPods(第3世代)を分解〜Proとはかなり中身が異なることが判明

airpods 3


 
AirPods(第3世代)がさっそく試みられました。新型AirPodsのデザインはProからインスパイアされていますが、中身は大きく異なることが明らかになりました。

バッテリーは大きなものが1つだけ

AirPods Proのデザインを踏襲したAirPods(第3世代)分解を、ヘッドホンに特化したYouTubeチャンネル52audioが行いました。
 
予想された通り、分解は一筋縄ではいかなかったようです。多くの接着剤が使用されており、自力での修理はほぼ不可能とみられています。
 
AirPods(第3世代)の充電ケースを見ると、MagSafe充電器を取り付けるためのマグネットがあるのが確認できます。他のAirPodsモデルにはなかった仕様です。ケースには、Lightningポート、ロジックボード、345mAhのバッテリー以外に、加熱の問題を防ぐためのグラファイトサーマルパッドが備え付けられています。
 
airpods 3
 
興味深いのは、AirPods Proのケースには2つの小さな内部バッテリーが取り付けられていたのに対し、AirPods(第3世代)には1つの大きなバッテリーしか搭載されていないことです。
 
AirPods(第3世代)には、AirPodsシリーズでは初となる肌検知センサーが搭載されています。すべてのコンポーネントはFPCケーブルで接続されており、スピーカーとマイクの間には小型のバッテリーが搭載されています。AirPods(第3世代)の内蔵バッテリーの容量は、0.133Whです。
 
airpods 3
 

 
 
Source:52audio/YouTube via 9to5Mac
(lexi)

カテゴリ : AirPods, 最新情報   タグ : , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる