2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    中国のスマホ向けSoC市場、2021Q4に出荷数大幅減の見込み

    スマートフォンの画像

    スマートフォンの画像
     
    中国のスマートフォン向けシステム・オン・チップ(SoC)市場は、2021年第3四半期(7月~9月)はプラス成長でしたが、第4四半期(10月~12月)には大幅な減少が予測されています
     
    好調であったMediaTekも例外ではなく、Qualcommに対してシェアで後れをとる可能性もあるとのことです。

    2021年第4四半期に30%近く縮小する中国スマホ向けSoC市場

    DigiTimes Researchによると、2021年第3四半期における中国のスマートフォン向けSoC市場は、前四半期比で17.9%増の約2億5,800万個の出荷数でした。
     
    これは、需要が堅調であったのに加え、Qualcommの5G通信対応SoCの出荷台数が過去最高を記録したためとされています。
     
    しかしながら、2021年第4四半期には前四半期比で29.6%の減少が予測されているとのことです。
     
    部品の不足や5G通信対応スマートフォンの需要減少など、さまざまな要因によるとみられています。

    MediaTekとQualcommのシェアが逆転?

    2021年第3四半期のメーカー別シェアは、MediaTekがこれまでで最高の46.3%のシェアを獲得しました。
     
    これは、同社の4G通信対応SoCが、価格性能比の高さに加えて十分な数量があったことから、Xiaomi、Oppo、Vivo、Transsionに大量に採用されたためです。
     
    MediaTekは2021年第3四半期の決算の場で、自らを「世界最大のSoCメーカー」と呼んでいます
     
    しかしながら、第4四半期にはMediaTekのSoC出荷数はQualcommよりも減少幅が大きく、中国市場におけるシェアでQualcommに遅れをとる可能性があるとのことです。

     
     
    Source: DigiTimes
    (ハウザー)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次