トップページ > 最新情報 > Tensorチップ、AI処理性能でA15 Bionicに負ける~Geekbench
2021年10月28日 09時25分

読了まで 29

Tensorチップ、AI処理性能でA15 Bionicに負ける~Geekbench

Pixel 6の画像


 
GoogleのPixel 6/6 Proに搭載されたTensorチップは、高い人工知能(AI)性能を備え、それによって強力なカメラ機能や翻訳機能を実現しています。
 
しかしながら、Geekbenchの機械学習ベンチマークを実行したところ、TensorチップのスコアはAppleのA15 Bionicに劣るものであったことがわかりました。

機械学習スコアでA15 Bionicに劣ったTensor

機械学習性能のベンチマークであるGeekbench MLを、GoogleTensorチップとAppleのA15 Bionicに対して実行した結果は以下のようになりました。
 

Tensor A15 Bionic
TensorFlow Lite(CPU) 307 939
TensorFlow Lite(GPU) 1,428 2,268
Neural Accelerator 1,720 2,727
Total 3,455 5,934

 
この総合性能(Total)のスコアを単純に比較すると、A15 BionicはTensorチップに対してAI処理性能が約71%高いということになります。

AIにおいて処理性能とユーザー体験は別物

ただし、CPUやGPUと異なり、AIでは処理性能とユーザー体験は別物です。
 
たとえ素晴らしいAI処理性能を備えていたとしても、それを活かす応用がなければ意味がありません。
 
また、AI処理は使用するモデルが重要であり、そのモデルを効率的に演算処理できるかどうかがAIアクセラレータの肝となります。
 
その意味で、AIに関して膨大なノウハウを持ち、その知見に基づいたハードウェアになっているであろうTensorチップは、Geekbenchの結果だけではA15 Bionicに対してAI処理の観点で劣っているとはいえません
 
GoogleもTensorチップに関して、「ベンチマーク性能ではなく体験を重視した設計」であるとしています。

 
 
Source: Notebookcheck via Gizmochina
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる