トップページ > Mac > M1 Max/Proの性能を実際のゲームでNVIDIA/AMDと比較した結果が登場
2021年10月26日 08時13分

読了まで 223

M1 Max/Proの性能を実際のゲームでNVIDIA/AMDと比較した結果が登場

M1 MaxとNVIDIA製チップの画像


 
Appleが新型MacBook Proに搭載したM1 Max/Proは強力なGPU性能を持つとされ、これまでにGeekbenchやGFXBenchといったベンチマークプログラムでの性能が公開されてきました。
 
これに対して、今回公開されたのは実際のゲームでの性能であり、より現実的なM1 MaxとM1 Proの実力が明らかになったといえます。

ディスクリートGPUには及ばないM1 Max/Proのゲーム性能

この比較で使われたのは、Shadow of the Tomb RaiderとBorderlands 3です。
 
まず、Shadow of the Tomb Raiderにおいて、M1 Maxは85fpsという性能を記録しました。
 
Shadow of the Tomb RaiderのM1 Max/Proの性能
 
これに対して、Core i9-11980HK + NVIDIA GeForce RTX 3080Lの組み合わせは140fps、Ryzen 9 5900HX + Radeon 6800Mの組み合わせは104fpsと、M1 Max/Proを大きく上回る性能となっています。
 
また、M1 MaxのGPU性能は、理論性能ではRTX 2080やPS5と同等ですが、実ゲーム性能ではRTX 2080に後れをとっています。
 
Borderlands 3においてもその傾向は変わらず、Core i9 + RTX 3080Lの組み合わせはM1 Maxの倍以上のフレームレートを記録しました。
 
Borderlands 3のM1 Max/Proの性能
 
M1 Max/Proの実ゲーム性能は、ノートPC向けとしては高いものの、現状ではディスクリートGPUには及ばないといえそうです。
 
一方、GFXBenchではRTX 3080Lと同等のスコアを記録しており、ゲーム側での最適化が進めば性能向上の余地があるのかもしれません。
 
GFXBenchでのM1 Max/Proのスコア

消費電力はかなり低い

しかしながら、300Wを超えるといわれるNVIDIA GeForce RTX 3080と比べ、M1 Max/ProはノートPC向けのチップであり、かなり低い消費電力で動作します。
 
GFXBenchを動作させた場合の消費電力は、Core i9 + RTX 3080と比べ、100W以上低かったとのことです。
 
また、Adobe Premier Proを使ったベンチマークでは、M1 Maxは955ポイントを獲得し、RTX 3080を搭載したハイエンドのデスクトップPCに匹敵する性能を発揮しました。
 
Adobe Premier ProのM1 Max/Proのベンチマーク結果

 
M1 Max/Proが高い性能と省電力性を持っているのは間違いないといえるでしょう。

 
 
Source: AnandTech via Notebookcheck
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる