Apple Watch歴代全モデルのバッテリー持続時間比較テスト動画が公開

Apple Watch battery test_6

Apple Watch battery test_6
 
Apple Watch歴代全モデルのバッテリー持続時間比較テスト動画が、YouTubeチャンネル「HotshotTek」によって公開されました。

ディスプレイを常時点灯させた状態でのバッテリー持続時間

今回のテストに用いられたApple Watchは、初代Apple WatchからApple Watch SEを含め、Apple Watch Series 7までの全9モデルです。
 
Apple Watch battery test_4
 
テストに用いられたApple Watchのケースサイズは、Apple Watch Series 1のみ38ミリで、それ以外は42ミリ、44ミリもしくは45ミリと、2種類あるうちの大きなモデルです。
 
Apple Watch battery test_1
 
テストは、Wi−Fi、Bluetooth、機内モードなど全て同一条件にて行います。
 
Apple Watch battery test_3
 
ディスプレイを自動的にタッチし、常時点灯している状態で行なったバッテリー持続時間比較テストの結果、各モデルの結果は下記の通りでした。
 

モデル テスト結果
初代Apple Watch 3時間4分
Apple Watch Series 1 3時間31分
Apple Watch Series 2 6時間7分
Apple Watch Series 3 6時間10分
Apple Watch Series 4 7時間11分
Apple Watch Series 5 9時間39分
Apple Watch Series 6 8時間31分
Apple Watch SE 9時間24分
Apple Watch Series 7 14時間32分

 
各Apple Watchのバッテリー持続時間の公称値は18時間だとしても、世代が新しくなるとケースの大型化によるバッテリー容量増加などで、持続時間が長くなっているようです。
 

 
 
Source: HotshotTek/YouTube via Svetapple.sk
(FT729)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

特集

[PR]オフィシャルサイト

目次