トップページ > 最新情報 > ジェイソン・シーゲル、Apple TV+の新作「Shrinking」への出演が決定
2021年10月14日 07時26分

読了まで 145

ジェイソン・シーゲル、Apple TV+の新作「Shrinking」への出演が決定

Jason Segel


 
Apple TV+で公開予定の「Shrinking(原題)」に、ジェイソン・シーゲルが出演することが決定しました。シーゲルは、「テッド・ラッソ〜破天荒コーチがゆく(原題:Ted Lasso)」の製作総指揮者のビル・ローレンス氏、同作品でロイ・ケント役を演じ脚本も手掛けているブレット・ゴールドスタインと共に新番組の脚本及び製作総指揮も担当します。

「Shrinking」の公開日は未定

Shrinking」は、全10話構成のコメディ・ドラマです。シーゲル演じるセラピストがルールを破り、患者に自分の考えをそのまま伝え始めるというところから物語は始まります。トレーニングしてきたことや倫理観を無視して、自分自身を含めた人々の人生を大きく変えていくこととなります。
 
シーゲルは、近日公開予定のApple TV+の映画「The Sky is Everywhere(原題)」にも出演しています。この作品は、ベストセラーとなったヤングアダルト小説が原作となっています。
 
Shrinking」は、人気ドラマ「テッド・ラッソ」の製作チームが手掛けているということで期待が高まっている作品です。「テッド・ラッソ」はこれまでに複数の賞を受賞しており、Apple TV+を代表する番組の1つとなっています。
 
なお、「Shrinking」の公開時期については今のところ未定です。
 
 
Source:Apple TV+ via MacRumors
(m7000)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる