トップページ > iPhone13 Pro > iPhone13 Proの製造原価は12 Proより2,350円高い?分析会社が報告
2021年10月2日 07時43分

読了まで 227

iPhone13 Proの製造原価は12 Proより2,350円高い?分析会社が報告

iPhone13 Pro 12 Pro


 
半導体分析会社TechInsightsが、iPhone13 Pro、iPhone12 Pro、Galaxy S21+のそれぞれ256GBモデルで、製造原価を比較・報告しました。

iPhone13 Pro/12 Pro/ Galaxy S21+の製造原価

iPhone13 Pro搭載部品の詳細解説を行ったTechInsightsが、iPhone13 Pro、iPhone12 Pro、Galaxy S21+のそれぞれ256GBモデルで、製造原価を比較・報告しました。
 
同社によれば、それぞれの製造原価はiPhone13 Proが570ドル(約62,700円)、iPhone12 Proが548.5ドル(約60,350円)、Galaxy S21+が508ドル(約55,800円)とのことです。
 
iPhone13 Pro teardown 2_5
 
iPhone13 Proの製造原価が高くなった理由は、A15 BionicNANDフラッシュメモリ、ディスプレイサブシステムの価格が高く見積もられていることと、メイン筐体のコストが増加していることが原因と、TechInsightsは説明しています。

iPhone13 Proのリアカメラ

iPhone13 Proの広角リアカメラには、画素ピッチがiPhone12 Proの1.4マイクロメートル(μm)から1.9µmに拡大した新しいイメージセンサーが搭載されています。
 
iPhone13 Pro teardown 2_2
 
これは、ピクセルピッチとアクティブアレイの面積が84%増加したことを意味し、低光量感度の向上に大きく寄与しています。
 
iPhone13 Pro teardown 2_3
 
このイメージセンサーのダイサイズは62平方ミリメートル弱となっています。
 
iPhone13 Pro teardown 2_5

フロントカメラとFace ID

iPhone13およびiPhone13 Proに搭載されているTrueDepthカメラは、iPhone12シリーズに搭載されていたものと同じで、イメージセンサーのピクセルピッチは1.0µmです。
 
Face ID関連のドットプロジェクターや投光イルミネーターは、配置が変更されています。
 
iPhone13 Pro teardown 2_2
 

iPhone13のリアカメラ

TechInsightsは、iPhone13のリアカメラについても報告しています。
 
iPhone13の広角リアカメラのピクセルピッチは、iPhone12の1.4μmから1.7μmに拡大されているようです。
 
結果、iPhone13の広角リアカメラの画素面積およびアクティブアレイサイズは、iPhone12より47%増加しました。
 
このイメージセンサーは、iPhone12 Pro Maxが搭載していたものと同一の可能性があるとTechInsightsは指摘しています。
 
 
Source:TechInsights
Photo:Apple
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる