トップページ > AirTag > iOS15へのアプデでAirTagが「探す」アプリから削除されたと報告
2021年9月22日 14時42分

読了まで 157

iOS15へのアプデでAirTagが「探す」アプリから削除されたと報告

Apple 中国 AirTag


 
正式版がリリースされたばかりのiOS15ですが、アップデートした一部のユーザーから、設定していたAirTag「探す」アプリで表示されなくなっている、と報告されています。

AirTagが「探す」アプリにあるか確認したほうがいい?

iOS15へのアップデートで、AirTagが削除されたり、「探す」アプリ内に表示されなくなるバグが報告されています。米メディアAppleInsiderは、AirTagをお持ちの方に「探す」アプリ内にAirTagが表示されていることを確認することを勧めています。
 
もしAirTagが表示されない場合、AirTagを工場出荷時の状態にリセットすることで問題は解決できるようです。
 
この問題に関する報告はまだあまり多くないようですが、これはユーザーが「探す」アプリでAirTagを確認する必要があるためかもしれません。
 

iOS15にアップデートしたところ、「探す」からAirTagが削除されました。AirTagに追跡されているというアラートは出ていたので、少なくともそちらは動作が確認できました。

 


 
iOS15.1のベータ版のリリースがすでに始まっていますが、今回のようなバグはベータなしで修正される可能性があるとのことです。
 
 
Source:AppleInsider, AirTagをリセットする方法
(lexi)

カテゴリ : AirTag, iOS, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる