トップページ > 最新情報 > Apple、iMovieとClipsをアップデート。iPhone13の新機能に対応
2021年9月21日 10時52分

読了まで 214

Apple、iMovieとClipsをアップデート。iPhone13の新機能に対応

iMovie


 
Appleは現地時間9月20日、動画編集アプリ「iMovie」と「Clips」をアップデートし、iPhone13で導入されるいくつかの新機能に対応しました。

iMovieのアップデートの内容

iMovieは、ボケを活用した動画撮影が可能なシネマティックモード機能に対応しました。これにより、シネマティックモードで録画されたビデオの焦点ポイントを追加、調整、削除したり、被写界深度エフェクトを変更することができるようになりました。シネマティックモードは、iPhone13の全モデルに搭載されている機能ですが、編集するには、iPhone XS以降、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、11インチiPad Pro、または12.9インチiPad Pro (第3世代以降)が必要です。
 
今回のアップデートでは、ProRAWイメージをムービーや予告編に追加できる機能が追加され、ProResビデオの読み込みと編集にも対応しています。ProResビデオは、今年後半にiPhone13 Proに搭載される機能でProResフォーマットで撮影できるようになります。
 
ただし、編集するにはiPhone13、iPad mini(第6世代)、11インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro(第3世代以降)が必要です。

Clipsのアップデートの内容

Clipsについては、シネマティックモードで撮影されたビデオの読み込みと編集に対応しました。フィルタ、ステッカー、絵文字などのエフェクトをシネマティックモードで録画されたビデオに適用できます。また、ProResビデオの読み込みと編集にも対応しています。
 
さらに、ビデオや写真をプロジェクトに取り込まなくても写真ライブラリから1回のタップで追加できるようになっています。
 
iMovieとClipsは、どちらもApp Storeより無料でダウンロードできます。
 

 

 
 
Source:iMovie/App Store,Clips/App Store via MacRumors
(m7000)
 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる