トップページ > 最新情報 > iPhone13シリーズが充電回路設計を変更し小型化、バッテリー搭載スペース増に貢献
2021年9月10日 22時00分

読了まで 142

iPhone13シリーズが充電回路設計を変更し小型化、バッテリー搭載スペース増に貢献

iPhone13 EAP 0326_19


 
台湾メディア経済日報が、iPhone13シリーズは充電回路設計を変更しており、そのことがバッテリー搭載スペース拡大に寄与していると伝えています。

各種部品の小型化でバッテリー搭載スペース拡大と噂

経済日報によれば、iPhone13シリーズの充電回路基板は新たにソフト基板とシステム・イン・パッケージ(SiP)を採用したことで小型化されており、その分がバッテリー搭載スペースの拡大に充てられるとのことです。
 
iPhone13シリーズロジックボードの小型化でより大きなバッテリーを搭載可能になると、アナリストのミンチー・クオ氏が伝えていました。
 
また、iPhone13シリーズに導入されるかは不明ながら、Appleは自社製品において集積型パッシブデバイス(IPD:Integrated Passive Device)の採用を大幅に増やし、各部品が小型化した分をバッテリー搭載スペース拡大に活かすとの報道もありました。

iPhone13 miniの駆動時間が1時間長くなると期待

iPhone13シリーズのバッテリー容量はモデルにより7.4%〜15.3%増加iPhone13 miniでは駆動時間が1時間長くなると期待されています。
 
 
Source:経済日報
Photo:EverythingApplePro E A P/YouTube
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる