トップページ > iPhone13 > iPhone13シリーズはロジックボードを小型化しバッテリーサイズを拡大〜クオ氏
2021年3月12日 18時40分

読了まで 21

iPhone13シリーズはロジックボードを小型化しバッテリーサイズを拡大〜クオ氏

iPhone12s AH


 
TF Securitiesのアナリスト、ミンチー・クオ氏が、iPhone13シリーズ(仮称:iPhone12sシリーズとの噂もあり)ではロジックボードを小型化しバッテリーサイズを拡大することで、駆動時間が長くなるとの予想を伝えました。

内部部品を小型化し、バッテリー用スペースを拡大

クオ氏は、iPhone13シリーズはSIMカードスロットをロジックボードに直接搭載、カメラモジュールの厚みを減らすなどして、それらが占めるスペースを削減し、その分をバッテリーサイズ拡大にあてると予想しています。
 
また、iPhone13シリーズに搭載されるA15 Bionicは、A14 Bionicの製造に用いられているTSMCの5nmプロセス「N5」を改良した「N5P」で製造されることで、同性能での消費電力改善率10%、同消費電力での性能向上率5%が実現される見通しです。
 
5Gモデムは、iPhone12シリーズのSnapdragon X55 5Gモデムから、iPhone13シリーズではSnapdragon X60 5Gモデムに変更され、消費電力が低減するとみられています。
 
バッテリーサイズが拡大すれば、駆動時間の短さで敬遠されているminiモデル(仮称:iPhone13 mini)の人気が高まるかもしれないと、Gizchinaは記しています。

Proシリーズに、低消費電力のディスプレイ搭載?

iPhone13 ProシリーズにはSamsung Displayの1社供給となる、「低温多結晶酸化物(LTPO) – 薄膜トランジスタ(TFT) 有機ELディスプレイパネル」が搭載されると噂されています。
 
このディスプレイパネルは、高リフレッシュレートと低消費電力を両立していることから、iPhone13 Proシリーズで120Hzリフレッシュレートと常時点灯ディスプレイが実現すると予想されています。
 
 
Source:Gizchina
Photo:Apple Hub/Twitter
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる