トップページ > iPhone14 > iPhone14のチップは3nmプロセスで生産されない?TSMCの移行に遅れ
2021年8月30日 23時12分

読了まで 136

iPhone14のチップは3nmプロセスで生産されない?TSMCの移行に遅れ

TSMC ロゴ


 
2022年発売見込みのiPhone14シリーズ(仮称)への搭載が見込まれるA16チップは、3nmプロセスで生産されない可能性があると、中国メディアMyDriversが報じています。

A16はN4で生産される?

これまでiPhone14シリーズに搭載されるA16チップは、TSMCの3ナノメートル(nm)プロセスで生産されると報じられてきました。
 
しかしSeeking Alphaのアーン・バーハイド氏は、TSMC の3nmプロセスノード「N3」への移行が遅れており、TSMCは2022年のiPhoneについて、N3は間に合わないため「N4」を使用することを認めた、と伝えています。
 
つまり、A16チップは3nmプロセスではなく、4nmプロセスで生産されるということです。

Appleに大きな影響

バーハイド氏は、3nmプロセスへの移行の遅れは、顧客であるAppleに大きな影響を及ぼすだけでなく、TSMCのライバル、すなわちIntelとSamsungに対する競争力を失うことにもつながると記しています。

 
 
Source:Seeking Alpha via MyDrivers
(lunatic)

カテゴリ : iPhone14, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる