トップページ > Apple Watch > watchOS8のベータ7が開発者向けにリリース【追記】
2021年8月26日 04時53分

読了まで 146

watchOS8のベータ7が開発者向けにリリース【追記】

watchos8


 
Appleは、watchOS8ベータ7をすべての開発者向けに公開しました。
 
【追記】登録ユーザー向けのパブリックベータもリリースされました。

watchOS8では様々な新機能が追加

watchOS8ベータ7のビルド番号は「19R5340a」です。パブリックベータのテスターは、ベータ7が公開されるまでもう少し待つ必要があります。
 
iOS15ベータ7、iPadOSベータ7、tvOS15ベータ7、HomePod 15ベータ7も同時に開発者向けにリリースされています。
 
今秋登場予定のwatchOS8では、次の機能が追加される見通しです。
 

  • 「呼吸」アプリの新バージョンが「マインドフルネス」アプリに
  • 睡眠トラッキングの最中でも呼吸数を計測
  • 「写真」アプリで「メモリー」と「おすすめの写真」がハイライト
  • 「メッセージ」や「メール」を使って数回のタップで写真をシェア
  • 手書き文字入力「Scribble」での絵文字の入力
  • 「メッセージ」のAppシェルフの画像検索で写真にすばやくアクセス
  • 「探す」にAirTagを含むアイテムが追加
  • 「天気」で1時間以内に予測される降水量のアラートを受け取ったり、雨の強さをチェック
  • 複数のタイマーを同時にセット
  • 「Tips(ヒント)」がApple Watchでも使えるように
  • 「メッセージ」と「メール」を使って、楽曲、アルバム、プレイリストをシェア

 
 
Source:9to5Mac
Photo:Apple
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる