トップページ > iPhone SE(第2世代) > iPhone SE(第2世代)の販売が急増、理由はSIMロック禁止前の在庫放出か
2021年8月23日 23時59分

読了まで 26

iPhone SE(第2世代)の販売が急増、理由はSIMロック禁止前の在庫放出か

Apple iPhone SE(第2世代)


 
最近、家電量販店などで「一括10円」など激安で販売されているiPhone SE(第2世代)の販売台数が急増していることが、家電量販店POSデータの集計結果から分かったとBCN+Rが報じています。

iPhone SE(第2世代)の販売、8月中旬に急増

最近、一部の家電量販店で大手キャリアでMNP契約すると、iPhone SE(第2世代)の64GBモデルが「一括10円」で購入できるとお伝えしていますが、その影響はPOSデータにも如実に現れているようです。
 
家電量販店のPOSデータを集計しているBCNによると、2021年8月9日の週、iPhone SE(第2世代)の販売台数は1月第1週の販売台数と比べて2.42倍と急伸しているそうです。
 
1月第1週の販売台数と比較すると、7月26日の週が1.16、8月2日の週が1.03と、急激に販売台数が伸びたことが分かります。
 
iPhone SE(第2世代) 販売推移
 

理由はSIMロック禁止前の在庫放出?

BCNは、iPhone SE(第2世代)の販売台数が急増した理由について、総務省が8月10日にSIMロックを原則禁止とするガイドラインを公開した影響だろう、と分析しています。
 
SIMロックが禁止されるのは、2021年10月1日以降に販売が開始される機種が対象なので、iPhone SE(第2世代)などは対象とはなりませんが、販売現場の混乱を回避する目的で、在庫を放出したい意図があるとみられます。
 
ホームボタンによる指紋認証に対応し、A13 BIonicプロセッサを搭載したiPhone SE(第2世代)を手頃に購入するなら、早期の購入が得策かもしれません。

2021年1月〜7月の販売シェア1位のiPhone SE(第2世代)

BCNが家電量販店の実売データを集計した2021年1月〜7月のスマートフォン販売台数ランキングによると、iPhone SE(第2世代)の販売台数シェアは全体の16.8%を占め、iPhone12の13.0%、iPhone12 Proの5.5%などを抑えてトップに立っています。
 
スマートフォン販売台数ランキング
 
 
Source:BCN+R
Photo:Apple
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる