トップページ > 最新情報 > A15製造ラインでのガス汚染の原因判明〜iPhone13シリーズの発売に影響なし
2021年8月9日 22時00分

読了まで 139

A15製造ラインでのガス汚染の原因判明〜iPhone13シリーズの発売に影響なし

iPhone13 Pro AH0419


 
台湾TSMCの、5nmプロセス製造ラインで発生していたガス汚染の原因が判明し復旧作業が行われました。同ラインでのA15チップ製造への影響はないと、MyDriversが伝えています。

アルゴン(Ar)が酸素に混入していたことが原因

TSMCの製造ラインにおけるガス汚染は、最新鋭の半導体製造施設であるFab 18にて7月末に発生しました。
 
その後の調査により、不活性ガスであるアルゴン(Ar)が酸素に混入していたことが原因だと判明しました。
 
幸い、混入したのがアルゴンであることからそれによる化学反応の被害もなく、TSMCの工場内のガス貯蔵タンクを洗浄するだけで復旧できたようです。

iPhone13シリーズ用A15チップ製造への影響なし

このガス汚染が報じられた際はそれにより、iPhone13シリーズA15チップの製造に悪影響が出るのではないかと懸念されていました。
 
しかし、短期間で復旧したことでA15チップの製造に支障をきたすことはなく、TSMCの8月の収益に影響が及ぶことはないと、業界関係者がMyDriversにコメントしています。
 
 
Source:MyDrivers
Photo:Applehub/Facebook
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる