トップページ > Mac > 2021年第2四半期にMacの出荷台数が過去最高を記録~90%がM1チップ搭載モデル
2021年7月31日 10時50分

読了まで 156

2021年第2四半期にMacの出荷台数が過去最高を記録~90%がM1チップ搭載モデル

Macの画像


 
M1チップを搭載したMacが好調です。2021年第2四半期(4月~6月)におけるMacの出荷台数は600万台に達しました。そして、そのうち90%がM1チップ搭載モデルとなっています。

前年同期比22%増を記録したMac

調査会社のCounterpointによると、2021年第2四半期における世界のパソコン出荷台数は15%増の8,010万台でした。
 
半導体不足による影響を受けてはいるものの、新型コロナウイルスの影響による在宅勤務やリモート授業の需要が高く、高い成長を記録しています。
 
そのなかで、AppleMacは前年同期比22%増の600万台が出荷されました。これは第2四半期として過去最高の出荷台数です。
 
2021年第2四半期のパソコン出荷台数の画像
 
特にM1チップを搭載したMacが好調であり、Mac出荷台数の90%を占めました。

メーカー別シェアではLenovoが首位

メーカー別のシェアでは、Lenovoが25%のシェアを獲得し首位に立っています。
 
2021第2四半期のパソコンシェアの画像
 
2位のHPは、エンタープライズ市場で安定感を示していますが、Chromebookの出荷台数の減少によって成長の勢いが一部相殺されました。
 
Appleは7.5%のシェアで4位にランクインしています。
 
今後の見通しについてCounterpointは、2021年の出荷台数は2桁の伸びを見込んでいるものの、部品不足やChromebookの販売減速を考慮し、当初に比べて若干予想を下げているとのことです。
 
また、2022年はWindows 11や新型コロナウイルス後のワークスタイルによる需要が、2021年のような大きな市場拡大を引き起こすのに十分ではなく、比較的な穏やかな成長になるとしています。

 
 
Source: Counterpoint
(ハウザー)

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる