トップページ > Apple Watch > watchOS7.6.1が登場〜前回から約2週間でのアップデート
2021年7月30日 03時07分

読了まで 148

watchOS7.6.1が登場〜前回から約2週間でのアップデート

apple watch series 6


 
Appleは29日、Apple Watch向けのOSアップデートとして、新たにwatchOS7.6.1をリリースしました。

メモリ関連のアップデート

今回公開されたwatchOS7.6.1は、心電図(ECG)機能が新たに30の国や地域で利用できるようになったwatchOS7.6から、およそ2週間でのマイナーアップデートとなります。
 
Appleによるとメモリに関する重要なセキュリティアップデートが含まれており、全てのユーザーに更新が推奨されているとのことです。同様の問題については、iOS製品ではiOS14.7.1、MacシリーズではmacOS Big Sur11.5.1で対応済です。
 
watchOSのアップデートは、iPhoneのApple Watch専用アプリ(「Watch」アプリ)から、一般>ソフトウェアアップデートで可能です(Apple Watch Series 1/2はサポート対象外)。

watchOS8に期待がかかる

watchOS7.6.1がリリースされたものの、多くのユーザーの関心はすでに次期大型アップデートとなる、watchOS8にありそうです。
 
watchOS8のパブリックベータ4は7.6.1の登場に先立って公開されたばかりで、ポートレートモード写真をApple Watchの背景にできるほか、写真のシェアが簡単になる、スマートホームの操作が容易になる、デジタルキーをまとめて登録できる、集中モードの搭載などがAppleより予告されています。
 
 
Source:MacRumors,Apple
(kihachi)

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる