トップページ > iOS > iOS15やmacOS Montereyなどのパブリックベータ4がリリース
2021年7月29日 07時46分

読了まで 158

iOS15やmacOS Montereyなどのパブリックベータ4がリリース

iOS15 イメージ画像


 
Appleは現地時間7月28日、iOS15、iPadOS15、macOS Monterey、watchOS8、tvOS15のパブリックベータ4を登録ユーザー向けにリリースしました。

開発者向けベータ4から1日遅れでのリリース

iOS15、iPadOS15、macOS Monterey、watchOS8、tvOS15のパブリックベータ4は、開発者向けベータ4から1日遅れでのリリースとなりました。
 
直前バージョンのパブリックベータ3からは、約2週間でのリリースです。
 
iOS15 パブリックベータ4
 
なお、最初のパブリックベータは、開発者向けベータ2の翌日にリリースされており、パブリックベータのバージョン番号は2から始まっています。今回リリースされたパブリックベータ4が、パブリックベータとしては3つめのバージョンとなります。
 
一般ユーザー向け正式版は、今秋公開される予定です。

Safariのデザインなどが変更

iOS15やiPadOS15のベータ4では、Safariのデザインが複数変更されているほか、「メッセージ」アプリで相手を指定して「集中モード」の状態を共有することが可能になっています。
 
パブリックベータも、開発者向けベータと同様に開発段階のバージョンであり、不具合が残っているため、メインで使用するデバイスにはインストールしないことをお勧めします。

最新の正式版はiOS14.7.1

現在、一般ユーザー向けに公開されているiOSの最新バージョンは、iOS14.7.1です。
 
iOS14.7.1では、Touch ID搭載iPhoneでApple Watchのロックを解除できない不具合が修正されたほか、重要なセキュリティアップデートが含まれており、Appleはすべてのユーザーにアップデートを推奨しています。
 
 
Source:MacRumors (1), (2)
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる