トップページ > 最新情報 > 中国で2021年上半期に最も人気だったAndroidスマホメーカーとは?
2021年7月14日 21時49分

読了まで 138

中国で2021年上半期に最も人気だったAndroidスマホメーカーとは?

vivo x60


 
中国スマホ市場では、Huaweiが抜けた穴を埋めようと過酷な競争が続いていますが、2021年上半期(1月〜6月)のAndroidスマホ市場のシェア状況が明らかになりました。

VivoがAndroid市場でトップのベンダーに

Master Luのランキングによれば、中国Androidスマホ市場では3つのトップブランドが50%以上のシェアを占めたことがわかりました。
 
2021年上半期の中国Androidスマホ市場でトップとなったのはVivoで、19.76%のシェアを獲得しました。2位と3位はRedmiとOppoで、それぞれ18.74%と14.55%のシェアを占めました。
 
中国 スマホ android シェア

Huaweiのシェアは4位まで後退

米国からの制裁によりスマホ事業が壊滅的な影響を受けたHuaweiは、シェア4位にまで後退しています。
 
Huaweiはチップ不足によりローエンドモデルがまったく販売できない状態に陥っている、と今年5月に報じられました。
 
Huaweiのサブブランドとして始動し、現在は別会社所有となったHonorのシェアは5.72%で7位につけています。
 
 
Source:GizChina
Photo:Vivo
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる