トップページ > 最新情報 > Huaweiのスマートフォン部品注文、2021年に60%以上減少?
2021年2月20日 08時52分

読了まで 147

Huaweiのスマートフォン部品注文、2021年に60%以上減少?

Huaweiのロゴの画像


 
米国からの制裁に苦しむHuaweiのスマートフォンビジネスですが、2021年はさらに苦しい年になりそうです。今年のスマートフォン用の部品注文は昨年に比べ60%以上減少する可能性があるとHuaweiからサプライヤーに伝えられたとのことです。

スマートフォン向け部品注文が5,000万台分前後に引き下げられる?

Huaweiは昨年から続く米国からの制裁に苦しんでいます。
 
このため、昨年1億8,900万台のスマートフォンを出荷していたところを、2021年は部品注文を60%以上減らし、7,000万台から8,000万台分の部品注文になる可能性があるとHuaweiからサプライヤーに伝えられたとのことです。
 
しかしながら、一部のサプライヤーはこの数が5,000万台前後にまで減少する可能性があるとしています。
 
また、制裁により5G通信対応スマートフォン用のコア部品を購入できないため、部品の発注は4Gスマートフォン用に限定されているとのことです。

スマートフォン事業をあきらめないHuawei

このような状況にもかかわらず、Huaweiはスマートフォン事業をあきらめていません。
 
HuaweiのCEOである任 正非(じん せいひ)氏は、スマートフォン事業は売却しないと明言しています。
 
また、Huaweiは来週、中国で新しい折り畳み式スマートフォンを発表する予定です。

 
 
Source:Nikkei Asia via Android Central
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる