トップページ > iOS > 危険な名前のWi-Fiネットワークのバグ、iOS14.7の最新ベータで修正か
2021年7月10日 16時12分

読了まで 150

危険な名前のWi-Fiネットワークのバグ、iOS14.7の最新ベータで修正か

ios14.7


 
iPhoneへの接続厳禁の危険な名前のWi-Fiネットワークが存在するとの報道が先日ありましたが、iOS14.7ベータ5で問題のバグが修正された可能性が指摘されています。

問題のネットワーク名に接続してもデバイスは無事動作

無線ネットワーク名“%p%s%s%s%s%n”“%secretclub%”への接続により、iPhoneがWi-Fiに接続できなくなるバグが報告されていましたが、iOS14.7ベータ5で修正が図られたようです。
 
YouTubeチャンネルZollotechは、実際に名前を“%p%s%s%s%s%n”に変更した無線ネットワークに接続し、デバイスが問題がなく動作するのを実演しています。
 

 
米メディア9to5Macは、バグの原因を次のように説明しています。
 

プログラミング言語では、変数を出力文字列にフォーマットするために、「%[英文字]」構文がよく使われます。C言語では、「%n」という指定子は、フォーマット文字列に書き込まれた文字数を、文字列フォーマット関数に渡された変数に保存することを意味します。Wi-Fiサブシステムは、おそらく文字列フォーマットを実行している何らかの内部ライブラリに、Wi-Fiネットワーク名(SSID)を無節操に渡しており、その結果、任意のメモリ書き込みやバッファオーバーフローが発生します。これにより、メモリ破壊が発生し、iOSのウォッチドッグがプロセスを終了させるため、ユーザーは事実上、Wi-Fiを使用できなくなります。

 
 
Source:9to5Mac
Photo:Zollotech/YouTube
(lexi)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる