ミニLED搭載iPad Pro発売は来年1〜3月か、Appleがサプライヤーを追加

    iPad Pro

    iPad Pro
     
    Appleが、次期iPad ProやMacBook Proに搭載されるミニLEDの生産体制強化のため、サプライヤー網を強化していると台湾メディアDigiTimesが報じています。

    iPad Pro用ミニLEDの供給体制を強化

    Appleは、台湾のZhen Ding TechnologyとFlexium InterconnectをミニLED用のフレキシブル基板のサプライヤーに加え、韓国のサプライヤーYoung Poong Electronicsと競争させている、とDigiTimesは伝えています。
     
    なお、Zhen Ding TechnologyとFlexium Interconnectの2社は、以前もAppleサプライヤーとして取引実績がある基板メーカーです。
     
    Zhen Ding TechnologyとFlexium Interconnectが製造するのは、2021年第1四半期(1月〜3月)発売予定iPad Proに搭載されるミニLEDバックライトで、2020年第4四半期(10月〜12月)には少量の出荷を開始する、とDigiTimesの情報源となった業界関係者は述べています。

    iPad Proに続きMacBook ProもミニLED化か

    Appleは、5Gに対応しミニLEDディスプレイを搭載した12.9インチiPad Proを当初、2020年秋に発売する計画でしたが、新型コロナウイルスの影響で発売時期を2021年に延期したとみられています。
     
    著名アナリストのミンチー・クオ氏は、14.1インチMacBook Proと16インチMacBook Proなども、今後発売されるミニLEDディスプレイ搭載製品として挙げていますが、現時点では具体的な発売時期は不明です。

    鮮やかな表示と薄型軽量化に期待のミニLED

    ミニLEDディスプレイには、1つ200ミクロン以下と、従来のLEDよりも小さなLEDがバックライトとして使用されます。
     
    ミニLEDはバックライトの点灯と消灯をきめ細かく制御できるため、コントラストやダイナミックレンジ、色表現能力に優れているほか、薄型化、小型化の効果もあります。
     
    クオ氏は、AppleはミニLEDディスプレイ搭載製品を増やす方針だが、発売は2021年以降にずれ込むとの予測を発表しています。
     
     
    Source:DigiTimes, MacRumors
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次