トップページ > iOS > Apple、iOS15ベータ2の修正版を開発者向けにリリース
2021年7月1日 08時01分

読了まで 137

Apple、iOS15ベータ2の修正版を開発者向けにリリース

WWDC21 iOS15 iPadOS15


 
Appleは現地時間6月30日、iOS15ベータ2の修正版を開発者向けにリリースしました。一部のiPadにインストールできない問題に対応しています。

一部のiPad Proにインストールできない問題を修正

Appleが開発者向けにリリースしたiOS15ベータ2のビルド番号は19A5281jで、6月24日にリリースされたiOS15ベータ2のビルド番号19A5281hとは、末尾のアルファベットが異なります。
 
先日のiOS15ベータ2では、一部のiPad Proでインストールできない不具合が発生しており、この問題に対応する修正版を特定モデル限定ではなく、全体にリリースしたとみられます。

パブリックベータ1も同時リリース

iOS15ベータ2では、FaceTimeでコンテンツを共有しながら再生できるiOS15の新機能SharePlayが利用可能になっているほか、アプリがRAM割り当ての増量を要求できる機能などが利用可能になっています。
 
Appleは同日、登録ユーザー向けのiOS15パブリックベータ1もリリースしています。
 
iOS15の正式版は秋に公開予定です。
 
 
Source:9to5Mac
(hato)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる